『すべての少女は死んでゆく』終了しました

改めまして…
『すべての少女は死んでゆく』
を観に来てくださった皆様
気にかけてくださった皆様
いいねやRTしてくださった皆様
ありがとうございました!!
住所わかる方にはお礼状を描きますので
しばらくお待ちくださいませ。
芳名帳に住所は書いてないけど
もし欲しいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

今回は最初にまなぶさんとmarieさんに
(テーマはもちろん踏まえたうえで)
よしよしさんのやりたいことをやってください
と言っていただき、これが魔法の言葉みたいに
不安なく
自分らしい絵とはと向き合って準備することができました。
細かな打ち合わせはしなかったのですが
お二人とならきっと大丈夫というものがありました。

私は絵はイラストレーションのほかに
木炭画や油絵、漫画を勉強してきたのですが
イラストレーションを描くなら
デフォルメしてシンプルにという縛りが
何となく多分自分の中にあって
意識して描いていたこともありましたが
最近はだんだん漫画を描いていたころの自分も隠せず出てきているようで
それも自分のルーツなので自分らしさとして武器に出来たらと
すべての少女は死んでゆくのために出来た絵をみて思いました。

いつもは版画用紙にジークレーで印刷して展示しているのですが
今回はコート紙、写真紙のような紙にしてみました。
試しだったので印刷のグレードは少し下げましたが
(販売はジークレーでのお渡しになります)
発色も良くて光っているところと光っていないところが
質感の差としてでて良かったかなと思いました。
重厚感がなくなってしまうかもしれないことを懸念していたのですが
これはこれで使い方次第でアリでした。
ジークレーで刷れば
細部もぶれずにもっとよくなるような気がしました。
ただ高いところなどに配置すると光ってしまって
伝わりにくいのかなと思いました。
写真撮っても光っちゃうなとか。

展示をするたび学びが沢山あります。
自分のことなのに変だけど
展示して感想をいただいて
やっと自分の絵が見えてくる感覚があります。
霧がはれるような。

絵のことに限らないのですが説明することがとにかく下手で
自分の中にもわあわあ~と存在する思いや記憶を
残像が消えない様に慎重に目を見張って輪郭を辿って…
そうやって絵で表現しているので
皆さんから言葉で感想をいただいて
より解像度が上がるようなそんな感じです。
だから感想をいただけることがいつもとても嬉しいです。

浮遊してるようとか
夢のなか水のなかっぽいと
感想をいただくのは
そのせいかもしれません。

本当は『夢みる宝石を描く』を終えたら
展示活動はしばらくお休みするつもりでいましたが
わくわくするような素敵なお誘いをいただき
やりたい気持ちが勝ってしまって
今回参加させていただきました。

本当に参加できてよかったです*
まなぶさんの文章にのせて絵を描けたのも楽しかったし
(自分だけでは描かないような引き出しを開けてもらった気がしました)
marieさんともいつかご一緒したいと思っていたので
marieさんの作品と並べたことや
コラボできたことも嬉しかったです。
いつかmarieさんのフードと何か出来たら~と
今はふわふわ考えています。
そしてバブーシュカで出来たこと。
なるべくならやっぱり皆さんに来ていただけるなら
自分が好きなところやおすすめできるところでできるのが一番なので。
時が止まったように落ち着くバブーシュカ。
あの空間で展示出来たこととても光栄でした。
常設展のように他の作家さんの絵が鑑賞できるのもいいですよね。
白以外の壁で展示が出来たのも初めてでした。
バブーシュカの皆様ありがとうございました。
素敵なデザートもありがとうございました。
こんな機会をいただけて良い幕引きができました。

と言っても終わりではなくて立ち止まるわけではなくて
絵はやめないし、SNSにもたまに載せます。
ひとまず絵のためにPC環境を今より整えたり、
営業したり、次の展示のための準備をします。
充電後、次に展示をするときは
その時の自分を出し切って出し切って個展をします。
(とここでも書こうと思っていたのですが
その前に少し、
ひょっとしたら来年グループ展をするかもしれません。
まだ未定なのでわかりません。その時はお知らせします。)

絵を通じてより自分らしくいられること
より密度の濃い世界に出来ること
絵を通じて沢山の方と出会えることとても幸せに感じています。
絵を観てくださる方、何か感じてくださる方いつも本当に感謝しています。
長い文章を最後まで読んでくださってありがとうございます。
日時は決まっていませんが個展を楽しみにしていてください。

2017-09-18 | Posted in おしらせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment